投資運用成績(2019年12月)

資産運用

私の投資のメインはインデックス系の投資信託です。

インデックス投信をコツコツ積み立てていけば、ドルコスト平均法が効き、長期的なスパンで考えれば儲かるはず、という信念に基づいて投資をしています。現在、4ファンドに毎月合計6万円を投資しています。

では、今月の投信の運用報告です。(計算基準日12月30日)

銘柄名評価金額買い付け金額トータルリターン
ひふみプラス 53,46550,0003,465
ニッセイ日経225インデックス 1,175,820960,000215,820
eMAXIS 先進国株式1,211,864960,000251,864
eMAXISSlim米国株式54,21250,0004,212
2,495,3612,020,000475,361

ニッセイ日経225インデックスとeMAXIS 先進国株式をそれぞれ月2万円、2015年から積み立てており、それはプラスになってますね。ひふみプラスとeMAXIS Slim 米国株式は8月から1万円づつの積み立てです。こちら2銘柄は成績的にはそんなにインパクトはありません。

で、2015年分のNISAでの投資が、一般口座へ振替となりました。ニッセイ日経225インデックス が49411円のプラス、eMAXIS先進国株式が55726円のプラスです。このプラスは、いったん利益として確定させ、継続的に運用していきます。その影響で、上の表のトータルリターンは若干先月と比べて少なくなっています。

今月も個別株の購入はありません。
そろそろ調整局面だろう(で、その後に買おう)、と睨んでいたんですが、
色んなアナリストの意見を聞いていると、2020年も景気が拡大しそうな雰囲気…。
(株価もオリンピック過ぎても上がりそう)
ということは、早めに仕込んでおいたほうがいいんでしょうか?

年初の目標で、今年だけで+100万円の投資利益を得ようと目標を掲げました。
それに向けて、積極的に動かなくてはならないのですが…。
いざ、買おうとなるとどの株を買ったらよいのやら…。なかなか難しいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました