40代夫の小遣い収支(2020年1月)

家計簿

そもそもお小遣いいくら?

先の家計簿でお話ししたように、手取りの6割を共通口座に拠出しています。ということで、残りの4割が私の小遣いとなります。平均額は給与の手取り28.8万円の4割。つまり約11.5万円です。世のお父さん方々、すみません!(ケンカ売ってるのではないのでご容赦を…。普通は家計から出す出費が小遣いから出てるので…)

何にお小遣いを使うの?

我が家の家計のルールは特殊でして、夫婦共同で使うものに関しては共通口座から落とすことができますが、それ以外の、個人で使うものについては各個人の財布から出します。具体的には、

食費(1人で食べるもの)、娯楽費(本など)、医療費、衣服費、交際費、交通費

などが挙げられます。余ったお小遣いは私の貯蓄となります。

2020年1月の小遣い帳

小遣い収入
 115200円

支出
 食費:17300円
 定期預金:25000円
 本・新聞:4000円
 ジム:8500円
 ドラムレッスン代:11000円
 医療:11200円
 交際費:8000円
 ファッション代:14000円
 雑貨代:5000円
 交通費:3000円
支出計:107000円

収支:+8200円

コメント

うは~、ダメだ、今月も貯金できてねぇ!(定期預金25000円除く)

今月は食費が少なかったんですよね。年始家にいたので、自分で食品を買うことが少なくて。毎月3万円オーバーしてるのに、今月は2万円を切りました。

でも、その他の項目が増えてるんですよね~。

本・新聞は、主に新聞代です。最近は図書館を活用していて、主に小説などは図書館で借りてます。家計簿へのインパクトはそんなにありませんが、地道な努力は大事ですよね。

ジムはジム月会員会費、ドラムレッスンは通ってるドラムスクールのレッスン代です。医療費も高いですよね~、これは仕方ない。持病がたくさんあるので…。今月は4回医者に行きました。

交際費は新年会で職場の仲間と呑みました。
ファッション費はバーゲンで買ったセーターと手袋代です。
雑貨はジム用のシューズを買い換えた代金です。

食費減らしたり、図書館活用したり、色々手は打っているのに、全然貯金ができない!
ジムやドラムは一番安いプランだしな…。ファッション代を削るしかないのかな…。

最近、立て続けに悔しい出費がありました。
買わなくていいものを買ったりとか、予想外に高い買い物をしたとか…。
一銭を笑うものは一銭に泣く。もう一度気を引き締めて節約します。

貯蓄の上積み目指して頑張ります!

コメント

タイトルとURLをコピーしました