40代の平均貯蓄額、平均借入額、貯蓄割合は?

貯蓄

お金の話って、親友や親にもちゃんと聞けない話ではありませんか?
いくら稼いでるの?とか。いくら貯金してるの?とか。
だから、自分の立ち位置が周りと比べてどうなのか、気になってしまいます。

そこで役に立つのが統計値。
お金の話も、統計としてきちんと公表されており、これがひとつの目安となります。

そこで、平成30年の金融広報中央委員会の公表データ
「家計の金融行動に関する世論調査[二人以上世帯調査]」をベースに、
40代の2人以上の世帯における平均貯蓄額、平均借入額、それぞれの中央値、
貯蓄割合を見ていきたいと思います。

なお、本記事で言う貯蓄、ですが、公表データ自体では「金融資産」とされており、


『定期性預金・普通預金等の区分にかかわらず、運用の為または将来に備えて蓄えている部分とする。ただし、商・工業や農・林・漁業等の事業のために保有して いる金融資産や、土地・住宅・貴金属等の実物資産、現金、預貯金で日常的な出し入れ・引落しに備 えている部分は除く』

家計の金融行動に関する世論調査[二人以上世帯調査] 平成30年調査結果より

とされてます。要は、貯蓄だけではなくて、株や投資信託などの金融資産は含むよ、
でも事業用のお金や、土地や家などの現物資産は対象外だよ、ということですね。

前置きが長くなりました。では、データをみていきましょう!

(本記事は随時アップデートされます)

40代(2人以上世帯)の平均貯蓄額は?

40代の平均貯蓄額は942万円です。
中央値(統計をとった全員の中で真ん中の人の値)は550万円となります。

ちなみに、これは金融資産を持っていないと答えた人を含む値です。
40代においては、金融資産を持っていない率が22.6%もあり、
その方々を除いた、金融資産を持っている世帯のみを母数とした場合の
平均貯蓄額は1238万円、中央値は800万円となります。

さらに、年収ごとにみていきましょう。
(金融資産持たない世帯を含む平均値と中央値です)

収入帯貯蓄平均(万円)中央値(万円)
収入なし                    –                   –
300万円未満26126
300~500万円未満617407
500~750万円未満934649
750~1,000万円未満1,4171,308
1,000~1,200万円未満1,8521,500
1,200万円以上3,3692,400

となっています。
ここでの「収入」ですが、調査票の聞き方が「ご家庭の年間手取り収入(税引後)」となっていたので、
共働きの場合は二人の合算の収入(手取り)だと思って良いと思います。

40代(2人以上世帯)の平均借入額は?

よく平均貯蓄額の話だけして、借入金の話をしない方がいらっしゃいますが、
ちゃんと借入金も見てみたいと思います。

調査によると、40代の平均借入額は1002万円です。
中央値は300万円となります。

これも、無借金の人を含む値です。無借金の方は全体の37.6%にのぼり、
その方々を除いた、借入金がある人だけの平均は、
平均借入額1673万円、中央値1600万円となります。

さらに、年収ごとにみていきましょう。
(無借金世帯を含む平均値と中央値です)

収入帯借入平均(万円)中央値(万円)
収入はな い                    –                   –
300万円未満2200
300~500万円未満842350
500~750万円未満1,1901,000
750~1,000万円未満1,3491,025
1,000~1,200万円未満1,4641,000
1,200万円以上1,5511,000

おそらく大半が家のローンでしょうね。
「借入金の目的」という調査項目もあり、
「住宅の取得または増改築」での借入が65.8%と最も高い結果となっております。
30代の平均借入額が1224万円なので、30代に組んだローンの残債が順調に
減っているということでしょうか。

40代(2人以上世帯)の貯蓄割合は?

貯蓄割合とは、年間の手取り収入の何割を貯蓄にまわせているか、という値です。
調査によると、40代の平均貯蓄率は10%となっております。
ちなみに30代は12%、20代が15%です。
年代が上がるにつれて貯蓄割合が減っていますね。
子供が生まれ、育つのが原因にあるのかもしれません。

共働きの場合の平均貯蓄額は?

年代別は出ていませんが、共働きの場合の平均貯蓄額の参考値も出ています。
こちらは、平均貯蓄額が1156万円となります。中央値は600万円です。

上記も金融資産非保有世帯(全体の17.5%)を含んだ値になっており、
金融資産を持つ世帯に限って統計を取ると、
平均貯蓄額が1422万円、中央値が812万円となります。

ただし、この項目の値はあくまで参考値です。
上記の額は、統計表において、「世帯主と配偶者のみ就業」という項目を見ているのですが、
実はこれ以外にも「その他就業者あり」という項目もあり、
この「その他就業者あり」にも共働きが含まれていると考えられるからです。
(EX:共働きで同居する親も働く、子供も働くとか)

統計の母数としては、「世帯主と配偶者のみ就業」が1191に対し、
「その他就業者あり」が963と同じ位の勢力があります。
ちなみに、「その他就業者あり」の平均貯蓄額(金融資産非保有含む)は1587万円と、
「世帯主と配偶者のみ就業」(1156万円)より多いんですよね…。

なので、これはあくまで参考値です。

個人的には年代別のデータが出ていないことが残念ですね。
年代別のクロス集計に加えて、子供のあり・なしまで含めて分析できれば、
我が家のような家庭(共働き・子なし)の平均貯蓄額が分かるのですが…。残念です。

まとめ

さて、ご自分の貯蓄と比べていかがですした?
多くても安心できませんし、少なくても焦らなくても良いと思います。

というのも、当たり前の話ですが、
40代は、子供がいる、いない(いる場合は何歳の/何人のお子さんがいるか)によって
貯蓄できる額は全然違うと思いますし、共働きかどうか、家は持ち家か賃貸かに
よっても大きく変わると思うのです。

我が家の場合は…、夫婦共同の資産は平均を下回っております。
(夫婦がそれぞれ管理している個人の資産を含めると平均を上回るのですが)
夫婦共同資産を平均に近づけるよう、頑張って貯蓄と投資に励みたいと思います。
(焦ってはいませんよ、のんびり、できる範囲で頑張ります!)

コメント

タイトルとURLをコピーしました